どこにでもある毎日

思い立ってはじめてみました

先輩は偉大

今日ひさびさに大学の先輩×2と友達×1の計4人で飲みに行って、そこで男先輩から頂戴した有り難いお話。

 

男先輩。イケイケ卍の怖い人と思いきや超絶仲間想いの優しくて熱い人。良いヤンキー。広告代理店でゴリッゴリ新規営業。会社では飲み要員のため週3〜4で飲み会。終電逃すの当然。超絶パワハラ。男先輩は鬼の強靭メンタルで難なくこなす。

 

そんな男先輩も入社当初はかなり辛かったらしく、精神的に参りそうにもなり、何度も辞めようと思ったのだとか。そこからここまでのV字回復を遂げた経緯が、スゲエな、って話。男先輩は自分が売れなかった時期、なんで小学校から大学までイケてた俺が今イケてねえんだよ?おかしくね?と思ったらしい。それで今までを振り返って思ったこと、なんでも他責にしてたな、と。売れないのは、そうだよね広告だしたとこで意味ないよねお金出す価値ないよね、って売り込む自分自身が思ってたから。そうじゃなくて、御社がこういう社風でこういう風にしたいと思ってるってことはこういう人が入るべきだからじゃあ広告でこんなこと書いてこんな見せ方してそれでピッタリの人が一人取れたら最高じゃないですかどうですか投資してください!っていうマインドに変えた、と。(会社絞られそう^-^)そのマインドに変えてから、自信持って売れるようになったし間違ったこと言ってないからゴリゴリに詰めるようになって相手に気持ちが伝わるようになって○○さんだから買うよって言ってもらえるようになって売り上げ立つようになって結果的に現在イケてる男先輩に戻ったようです。

 

営業は相手のことをどれだけ考えてちゃんと伝えられて押せるかどうかで、そこまでやれなきゃ絶対売れない。誰でも言うことだけど、男先輩が言うと説得力が違う。そうだよな、この人にそんな風に言われたら熱いよな、この人スゲエってなるよな、って思う。うちならこういうことできる、やらない理由はなに、御社のそういうところダメですよ、ってちゃんと自信持って怖がらずに言える・聞けるって本当に難しいですよね。できるっしょ!って最初は思う。でも自分より年上で役職も高くてどんな人かも分からないもしかしたら超キレられるかもしれない相手を目の前にして、そんな半ば失礼なことを言ったり聞いたり、できないんですよね。やらなきゃいけないのは分かってるけど。でも男先輩はそれができるようになってから、相手方にも君は違うねって言われるようになったしかなり色んなところから引き抜きの声掛けもされるようになったそうです。まあそうよな。私も私の会社来てくださいって言ったしなwww

 

あと男先輩のスゲエところは、俺は無意味なモノ売ってると思ってるけど無意味だからこそ買うってことは俺を買ってくれてるのと同じだからそれが気持ちいいクセになるって言ってました。どんな発想よ!?

 

ここまで書いてることってもしかしたらキャリアを積んだ大人達から見れば普通のことかもしれないけど、私は男先輩の内面がすごいなと思うんです。だってまず普通なんで今の自分イケてないの?っていう発想しないし。やってみようって思ってやれることが凄いし。俺を買ってくれって意識が強いし。熱いし。ストイックだし。当たり前のことを当たり前にできるって当たり前じゃないと思うから、すごいなって。だからカッコいい。尊敬できる。ここまで芯が通ってて熱い人見たことない。

 

私も、ちゃんと単独で売り上げつくって達成感とか喜びも感じて、それでもつまんないとか辛いとか向いてないって思うまで頑張ってみよう、と思いました。一通り辛いところから楽しいと思えるところまで経験して、そこで初めて社会人経験と言えるのかな、と。会社がクソでも、社長がクソでも、どんなに友達の会社の福利厚生を羨んでも、愚痴を吐いたところでなんの生産性もない。じゃあこの環境でどこまで自分を確立できるか考えたほうがよっぽど自分のためになる。やりたいことだけやりたいけど、何をやりたいのかやりたくないのか理解するためにも、今はなんでもやるしかない。死ぬことないんだから頑張れるときに頑張っておこう。

 

そんな気持ちになりました。やっぱり先輩は偉大。転職するときはどっか紹介してもらおー^-^